ノルウェー報告5 ~オスロで会った起き上がり小法師(ムンク)~

9月11日~12日

  オスロに来て久しぶりに信号をみました。この4日間は車で移動していたのですが、交差点がロータリーになっていて信号はなかったのです。
  オスロに来たらムンクに会いたいとナショナルギャラリーに行きました。そこで何と西会津町で起き上がり小法師を製造している野沢民芸店さんの起き上がりムンクがありました。ノルウェ一政府からの福島支援のコラボ商品だそうです。もちろん私も買いました。ガイドしてくださったかおるさんは 、今まで東北地方で作られている民芸品と説明していたそうですが、明日からは福島県で作られていると説明してくださるでしょう。こんな形で福島県が話題になるのはうれしいですね。
  街中では電気自動車の駐車料金は無料で、充電するのも無料だそうです。政策が見える形で行われているという印象を受けました。今回の私たちの研修は、福島を出る時から帰るまですべてノルウェー政府の招待です。どういう形でお返しできるのか難しいことは考えず、事実を脚色せず、ありのまま伝えることをして、落ち着いて生活できる環境をつくっていくことかと考えました。

そして……
 福島に不安から解放して心の平和に貢献したということでノーベル平和賞をいただいた夢をみましたので、オスロ市庁舎の授賞式会場を下見してきました。勿論イメージトレーニング用にメダルも買ってきましたよ~(*^-^*)

  ご一緒した復興庁のお二人ですが、最終日は別コースでノルウェー放射線防護庁と意見交換をされております。私の意見も失礼なほど申し上げました。正直言って内閣府復興庁や環境省の職員に良い印象を持っていませんでしたが、このお二人は信頼してもいいかなと信頼の第一歩です。ノルウェーの人口で占めているのはわずかな汚染地帯の農家のために対策をとり続けている政府と、政府を信頼している農家の方々。貴重な経験の連続でした。(終)

 

 

 

 

 

 

 

 

» トップページへ戻る